ドラッグストアと調剤薬局の比較をして決意した薬剤師の転職

結婚したことによってライフステージが変わった

薬剤師求人 / オレ薬(オレヤク)

薬剤師は就職や転職がしやすい : 結婚したことによってライフステージが変わった : すぐに採用を決定してもらうことができました

それなりに充実した日々を過ごすことができましたが、結婚したことによってライフステージが変わり、新たに仕事との付き合い方を考えようという気持ちが生まれました。
転職をしてもう少し家庭側に時間を割けるようにしようと考えたのです。
その際に候補に上がったのが調剤薬局とドラッグストアでした。
調剤業務をするのもそれなりに充実しているのですが、自分に合っているかというとそうでもないかもしれないと感じていたからです。
学生時代にスーパーやコンビニでバイトをしていたときの在庫管理や接客の方が自分に向いているかもしれないと考えて、ドラッグストアと調剤薬局をよく比較した方が良いと考えました。
比較の観点として中心に置いたのは業務内容であり、実質的には調剤業務はほとんど行わずにOTC薬の説明や医薬品を中心とした在庫管理が主な業務になるのが大半のドラッグストアでの薬剤師の業務です。
それに対して調剤と服薬指導ばかりを行うことになる場合が多いのが調剤薬局であり、今の興味の方向性から考えるとドラッグストアの方が良いだろうと考えて転職を決意しました。
そのときに同時にわかったのが給料面での違いであり、ドラッグストアの方が昇給の可能性が高くて勤続年数が増えれば高収入になれるかもしれないということでした。
ライフステージに応じて転職するつもりだった私にとってはあまり関係がないことだとは思いつつも、たまたま長く働くことになったらメリットだと考えたのも事実です。