ドラッグストアと調剤薬局の比較をして決意した薬剤師の転職

薬剤師は就職や転職がしやすい

薬剤師は就職や転職がしやすい : 結婚したことによってライフステージが変わった : すぐに採用を決定してもらうことができました

もともと薬剤師になったのは就職や転職がしやすいからであり、ライフステージに応じて適切な働き方を考えられるからでした。
女性にとって仕事を手に入れるのはそれほど容易なことではないのが現状として続いているため、資格を用意して将来に備えようと考えていたのです。
そのため、基本的にはどこで働くことになっても、仕事の内容にある程度の満足ができれば良いというのが私の考え方でした。
病院勤務を目指す薬剤師が多いのは確かですが、家庭生活との両立を考えると夜勤の必要性や現場での忙しさを考えて最初から候補には入れず、最も典型的な調剤薬局に勤めることにしました。
就職した直後はまだ自由に働ける状況であったため、門前薬局として業務が忙しい職場を選んだのが事実です。
調剤業務や服薬指導の経験を積んで将来に備えたいという気持ちと、それが自分に合っているのかどうかを知ろうという気持ちとがあったため、最も適している職場だろうと考えたからです。